唯一の存在。
ボディーガラスコーティングの真髄。
極めれば、それは工芸品に至る

GT-C(GlassTec Coat)は施工店向けの
ガラスコーティング剤のブランドです。

素材 × 技術 = 至高の輝き


ガラス質でもガラス系でもない。
正真正銘のガラスコーティング

常温でガラスを硬化させることができる技術において日米特許を取得。化学的に証明されている素材を採用しました。
空気中の水分が常温で反応し、高純度のガラス膜を形成。
本来のガラス膜のもつ性能をフルに発揮し、今までに無い輝きを表現できる素材です。


素材だけでは『至高の輝き』は
表現できない。

カーコーティングにおいて、その仕上がりを決定するのは、素材のよさだけがすべてではありません。マイスター* の技をいかんなく発揮する『下地処理』こそ重要だと考えます。
GT-Cにおいては、完全ガラス被膜ゆえの深みある透明性が、高度な下地処理技術より強調され、至高の輝きに到達するわけです。
この下地処理の技術において、GT-Cのマイスター達は、豊富な施工実績と卓越した下地処理技術、そしてなによりもマイスター自身のカーコーティングに対するこだわりがあわさることで至高の領域に到達できると考えます。

*マイスター【(ドイツ)Meister】…(1)巨匠、(2)親方、師匠
GT-Cにおけるマイスター とは、磨き抜かれた技と妥協を許さない精神を兼ね備えた磨きのプロのこと


工芸品に至る、至高の輝き

見た人が思わず惹きこまれて、つい触れたくなるような魅惑的な艶やかさ…
高級感のあるその輝きの秘密は、他社を圧倒する含有率。抜群の透過率があるため、ベールで優しく包み込むような「至高の輝き」を実現することができます。また、比較的施工が困難とされムラになりやすい黒色などの濃色車も重量感かつ深みのある光沢を生み出します。