• 通常の「ボディーコーティング」と「ガラスコーティング」はどう違うのですか?

    施工方法や耐久性、塗装面の保護性能に大きな違いがあります。
    「ボディーコーティング」には、ポリマー加工を初め、チタンコート、テフロンやフッ素加工、ペイントシーラント加工など様々ございますが、通常、業界におけるボディーコーティングの定義とは、通常3ヶ月以上の持続性耐久性があることとワックスよりも硬い被膜を形成している点が挙げられます。
    ガラスは一般に作る時、高い温度で溶かさないと形を自由にかえることができず、この事が、使い道を広げようとするこころみへの壁になっていましたが、GT-Cでは、ガラスの優れた優位性(完全無機質で劣化しないガラスの特徴)のみを活かすことのできる、グラステックコート(Glass Technology Coating = GT-C)を使用することにより、本来のガラスの持つ性能や特質を十分発揮するとともに、ガラス独特の艶やかで濡れたような輝きを表現できるガラスコーティングを可能としました。

  • 中古車にも施工できますか?

    中古車の場合、下地処理にて新車に近い状態に復元して、コーティングします。 水垢、ウォータースポット、雨じみ、小キズなどを除去し、ガラスで保護しますので、見違えるようにきれいなります。

    注意: 下地処理については、GT-C取扱店にて御相談下さい。

  • 濃色車(黒、紺など)にも施工可能ですか?

    もちろん可能です。GT-CマイスターたちがGT-Cを選んだ理由の一つでもあり、濃紺車でこそ得られる重量感かつ深みのある光沢は施工車のオーナーさまのご満足に足るものであると自負しております。

    注意:従来のコーティングは施工時のムラやくすみが目立つため、「黒」などの濃色車を避けているものが多くございます。また、効率を考慮してスプレーガンなどを用いるケースもございますが、GT-Cはすべて手塗りとなりますので、平面、曲面を手の感触で確認しながら丁寧にコーティングを施すことが可能であり、こちらの製品特性もムラやくすみ軽減の一助となっております。

  • 保証期間はありますか?

    損害保険の対象になる施工証明書を発行しています。 お客様の施工後の保管状態が個々に異なるため、他社従来品のようなあいまいな保証書は発行しておりません。

    注意: 従来品は、あいまいな基準(光沢度など)で保証を設けていることがありますが、「塗装面の保証」であって「コーティング面の保証」ではないようです。保証内容を確認して見てください。

  • 事故の際、補修は可能ですか?

    補修可能です。損害保険の対象として補修が可能ですので、施工証明書を施工店までお持ちください。

    注意: 部分施工も可能ですので、詳細についてはお近くのGT-C取扱店に御相談下さい。

  • 板金塗装をした直後に補修施工は可能ですか?

    板金塗装をした場合は約10日~2週間程度の期間を開け、塗装がしっかりと硬化、定着したことを確認してから補修施工を行ってください。

    注意: 詳細についてはGT-C施工店に御相談下さい。

  • ボディー以外のパーツにも施工できますか?

    GT-Cは密着性に優れているため、ボディ以外にもホイール・バンパー・FRP製品・サイドバイザー・テールランプ等、幅広く施工いただくことが可能です。 見た目の美しさはもちろん、防汚効果も期待できます。

    注意: 材質によっては希に密着不良を起こすこともございますので、事前に目立たない箇所でのご確認をお願いいたします。

  • 効果はどのくらい持つものですか?

    GT-Cで施されたコーティング面は、完全無機質のガラス膜を形成します。 したがって、経年変化はしませんので耐候性は半永久的です。 研磨などで削らない限りは、落ちることはありません。

  • コーティングした後、水は弾きますか?

    完全無機質におけるガラス面は、親水効果になります。 油性のコート剤やWAXのように、水を丸く弾くこと(撥水効果)はありませんが、中心から外に広がるように、水が滑り落ちていきます。

    注意: 注意: 雨や水は球状に残らないので、ウォータースポットやシミなどのトラブルが起きにくくなります。

  • 施工後は、どのようなメンテナンスをすればいいのですか?

    水洗い、シャンプー洗車にてボディーを洗い流し拭き取ります(WAX不要)。 専用のメンテナンスリキッドを使用することにより更に雨ジミなどからボディーを守ります。

    注意: 期間をおいてしまった頑固な雨ジミやイオンデポジットは、GT-C施工店にてメンテナンスを施すことによってボディーを美しくします

  • ガラス被膜だと割れませんか?

    表面にひびがはいったり割れることはありません。
    ガラスコーティング剤はいわゆるガラスの「塗材」です。 GT-Cのグラスティックコートでは、完全無機質で劣化しないガラスの特徴を活かし、 ボディの塗装面を保護することで、耐候性や塗装面の品質の向上を意味します。
    ボディの表面に施されたコーティングの膜厚は0.5ミクロン程度、極薄なので塗料に追従します。 コーティング面だけで割れたり、はがれたりすることは、絶対にありません。

    注意: 1ミクロンは、1000分の1ミリです。

  • 鳥糞、水垢、汚れは付きますか?

    付きますが、水洗いで簡単に落とすことができます。

    注意: 汚れの中にはきつい物もありますので、ガラスでもこびり付く物もあります。 出来るだけ早めに水洗いするのが、美しく保つコツです。

  • 新車に施工したいのですが、気をつける点はありますか?

    納車直後の新車の塗装状態は、極めてデリケートです。 通常、納車時はWAXなどが施されていますが、理想をいえば、何も施さない状態でGT-Cを施工していただくのがベストです。 コーティングすることで、塗装面は完全に保護できます。

    注意: GT-Cは新車施工においても、鏡面磨きを行います。

  • コーティングした後、傷はつきますか?

    無機質のガラス膜を施していますが、傷を完全に防ぐことはできません。 傷は何もしていない面と比べると、2~3割程度でおさまります。

  • すでにポリマー系コーティング等を施した車でもコーティングできますか?

    もちろん出来ます。ポリマーやWAX、汚れによる油成分、ボディーに付着した鉄粉や塗料ミスト等完全に除去し、ポリッシャーによる鏡面加工により洗車キズをも磨き落としますので新車以上の輝きを取り戻します。

  • 施工後1ヶ月以上経てば洗車機を使用してもいいのですか?

    おすすめは出来ません。ガラス膜といっても、洗車ブラシによるキズを完全に防ぐことは出来ません。 洗車ブラシには既にWAX成分が付着しているので、洗車機を通す場合は高圧流水洗車をおすすめします。

    注意: コーティングの有無に関係なく、洗車機で洗車をすればスクラッチ傷(こすったときなどに発生する引っ掻き傷)がついてしまいます。